犬の十戒 
これから犬を飼おうと思っている方も、もう飼われている方も、ぜひ読んで下さい。

1、私の生涯は10年から15年くらいしかありません。
その間に少しでも貴方と離れている事はとても辛いのです。
私を買う(飼う)前にどうかその事を忘れないで下さい。

2、「貴方が私に望んでいること」を私が理解するまで少し時間を下さい。

3、私を信頼して下さい・・・それだけで私は幸せなのです。

4、私の事を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
貴方には、仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも・・・私には貴方しか居ないのです。

5、時には私に話しかけて下さい。
貴方の話しかけてくれる言葉の意味など解らなくても、私には全身で貴方の言葉を理解できるのです。

6、貴方が私にどんな風に接してくれたか、私は絶対忘れません。

7、私には貴方の手を粉々に噛んだり傷つける事も出来る歯があるけれど、それでも私は、貴方を傷つけてはいけないと、心に決めているのです。

8、言うことをきかない、頑固だ、怠け者だと叱る前に、私がそうなる原因が何かと自分自身考えてみて下さい。
適切な食餌をあげていなかったのでは?日中、太陽が照り付けている外に長時間放置していたかも?心臓が年をとるにつれて弱っていないだろうか?

9、いつか私が年老いたら、私の面倒を見て欲しいのです。
貴方も同じように年をとるのです。

10、最期の旅立ちのときには、そばに居て私を見送って下さい。
「見ているのが辛いから」とか「私の居ないところで逝かせてあげて」なんて言わないで欲しいのです。貴方が傍に居てくれるだけで、私はどんなことでも受け入れられます。そして・・・どうか忘れないで下さい。私が貴方を愛していることを・・・。

あなたはこの詩を読んで何を思いましたか?
子犬は飼い主を選べません。あなたの思い次第で子犬の一生が決まります。飼い主だから子犬の一生を決められるのです。一生、大切にできますか?
もう1度、犬の心を感じとって下さい。